注文住宅のキッチンで大事な要素は収納!間取り決めで気を付けることをご紹介

注文住宅のキッチンの収納でお悩みの方はいらっしゃいませんか。
せっかくキッチンを作るなら、収納力があって使い勝手の良いキッチンにしたいですよね。
そこで今回は、キッチンの収納について青森市の不動産会社が解説します。
キッチンの収納でお困りの方は、ぜひ参考にしてみてください。

□キッチンづくりで注意したい点とは

まずは、キッチンの間取りを考えるうえで注意したい点を2つ紹介します。

*収納するものや量に合わせて収納を考える

キッチンでは大小さまざまな調理器具に加えて、カトラリー類や食材のストック、調味料を収納するスペースが必要です。
キッチンを使う様子を具体的に想像して、何をどこにどれだけ収納するのかを考えましょう。
たとえば、水や精米といった重いものは玄関に近い位置に収納するのが便利です。
また、コンロまわりでよく使う調理器具はコンロ付近に収納スペースを作ると、調理の際に使いやすいです。

*ゴミ箱を設置する場所を決める

キッチンのどこにゴミ箱を設置するかをよく考えずに、キッチンのレイアウトを決めてしまう場合があります。
ゴミ箱の位置をあらかじめ決めておかないと、よく見える場所にしか設置できずにゴミ箱が目立ってしまったり、動線を遮ったりしてしまう可能性が高まります。
キッチンの収納の下部にゴミ箱用のスペースを作るなど、使いやすく目立たない場所に設置したいですね。

このように、使いやすいキッチンづくりには、収納が大事なことがわかりましたね。
それを踏まえた上で、キッチン収納で気を付ける点をご紹介していきます。

□キッチンの収納を決める際に気を付けたい点

よくある失敗で、実際にキッチンを使ってみて食器類や食材の収納スペースが足りないことに気付くというものがあります。

限られた空間の中でどれだけの収納スペースを確保するかは悩ましい問題です。
とくに共働きのご家庭では、調理スペースと洗濯関連の家事スペースのための動線を確保することが大事です。
また、調理スペースと収納スペースの配分も難しいです。

設計のときに何をどこにしまうのかを決めることで、省スペースで機能的な設計の収納を作れます。
家事動線や調理スペースとの兼ね合いを考慮して、使い勝手が良く収納もできるキッチンづくりを目指しましょう。

□まとめ

収納するものや量に合わせて収納を考えると、キッチンの使い勝手が良くなります。
また、ゴミ箱の位置をあらかじめ決めておくことはキッチンの機能性の向上だけでなく、見た目が良くなることにもつながります。
キッチンを実際に使っている様子を想像して、省スペースで機能性の高いキッチンづくりを目指しましょう。

タイトルとURLをコピーしました