暮らしやすい注文住宅をお望みの方へ!収納アイデアをご紹介します!

注文住宅をご検討中の方で、収納についてお悩みの方はいらっしゃいませんか。
収納は日常の生活動線を基準に考えて配置するのが1番のポイントです。
今回は、注文住宅の収納についてアイデアとポイントをそれぞれご紹介します。
実際の家づくりの際にこの記事が参考になれば幸いです。

□注文住宅でお勧めしたい収納アイデアをご紹介!

収納の便利性や収納スペースの確保などを実現した収納アイデアはたくさんあります。
ここでは実際のアイデア例を3つご紹介します。

*引き戸がついた土間収納スペース

玄関の奥にエントランスクロークを設けると、家族の仕事道具やアウトドア用品などを収納できます。
引き戸であれば、急な来客時にも戸を閉めて収納スペースを隠せます。

*引き戸を閉めると生活感が消えるモダンなキッチン収納

流しの壁面側に収納スペースを作るのもお勧めです。
保存食や食器、お掃除グッズの収納に最適です。
引き戸にすることで開けてもスペースが確保され、調理の邪魔になることもありません。

*階段下を有効活用した土間続きの収納空間

土間が家の中心に配置され土間の上に階段が設計された住宅では、階段下の収納スペースが土間と繋がっているので、子供の屋外用の遊び道具や折り畳み自転車などを収納できるでしょう。

□注文住宅の収納を考える際のポイントをご紹介!

収納を設計する際のポイントを3つご紹介します。
1つ目は、ウォークイン収納を活用することです。
扉や仕切り、引き出し等は予算と相談しながら決めましょう。
自分でカーテンやパーティションなどを設置するのも良いでしょう。

最近採用数が増えているウォークスルー収納もお勧めです。
ウォークスルー収納は出入り口を2か所作られているので生活動線を確保できます。
機能性の高い住まいをご希望の方は、ぜひ検討してみてください。

2つ目は、家具です。
造作家具と置き家具には共に長所と短所がありますが、レイアウト変更やコストの面から考えると置き家具の方がお勧めです。
造作家具は、複雑な造りをお願いすると家具工事扱いになり、人件費や工賃の負担が大きくなります。
造作家具の場合は、住宅の完成日も延びてしまうので注意しましょう。

3つ目は、デッドスペースを活用することです。
活用できるスペースに合わせて、棚の形状やデザインを考えていきましょう。
例えば、階段下は家電の収納やパントリーに利用できるのがポイントです。
屋根裏部屋は、収納スペースとしては最適ですが湿気が溜まりやすいので、こまめな換気や除湿剤の使用をした方が良いでしょう。

□まとめ

本記事では、注文住宅の収納アイデアと収納スペースを作る時のポイントをご紹介しました。
意外な場所が収納スペースになり得るので、専門的な知識を持っている業者の方に相談するのも良いでしょう。
青森市で注文住宅の収納にお困りの方は、当社までお気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました