注文住宅の頭金とは?支払う上での注意点をご紹介します

注文住宅をお考えで、頭金について詳しく知っている方は少ないかもしれません。
どのタイミングでいくら払うのか知っておかないと不安ですよね。
そこで今回は、青森市の不動産会社が注文住宅の頭金について注意点を交えてご紹介します。

□頭金の基本情報をご紹介!

皆さんは、頭金について理解していますか。
ここでは、頭金とは何か、どのくらい払うのかをご紹介します。

頭金とは、住宅購入時にローン借入額外の自己資金で支払うお金を指します。
皆さんの中には、手付金という言葉聞いたことがある方も多いでしょう。
手付金は購入金額の一部を指し、契約を簡単に解約しないように住宅会社との売買契約成立時に支払うものです。
そのため、手付金と頭金は違うものだと理解しておきましょう。

ある程度の頭金を支払うメリットは、ローン借入金額を抑えられることです。
購入金額の一部を自己資金で賄うことで、ローン返済の負担が少しでも減るためです。
しかし、住宅ローンを低金利で借りられる場合は、自己資金からは払わないケースもあります。
ご自身の状況やローンの金利などから総合的に判断すると良いでしょう。

では、頭金の目安は一体いくらなのでしょうか。
一般的な頭金の額は、購入金額の2割程度です。
先述した通り、頭金を支払っておくと、住宅ローンの返済額が減ります。
しかし、自己資金をあるだけ使えば良いと言うものではありません。

住宅購入時には、頭金以外にも現金で支払うものが多くあります。
新生活を始めるための準備費用や、住宅の初期費用をはじめ、諸費用を考慮した上で頭金の額を決めましょう。

□頭金を支払う際の注意点をご紹介!

ここでは、頭金を支払う際に注意したいポイントを2つご紹介します。

1つ目は、現金払いの諸費用に注意することです。
先述した通り、住宅購入時には住宅ローン手数料や仲介手数料、不動産所得税をはじめとした諸費用を支払う必要があります。
また、基本的に諸費用は住宅ローン借入額には含まれないため、原則現金払いです。
頭金に気を取られすぎると忘れがちですが、しっかりと準備しておきましょう。

2つ目は、頭金を支払いすぎないようにすることです。
頭金をいくら支払うかによって、人生の資金計画に大きな影響があります。
例えば、入院やお子さんの進学、親の介護など予想外のタイミングで資金が必要になることもあるでしょう。
そのような事態も考慮して、頭金の額を決めると良いですよ。

□まとめ

本記事では、注文住宅の頭金についてご紹介しました。
頭金が何かご存知なかった方も、理解を深めていただけたと思います。
注意点を押さえて住宅購入をスムーズに進めていきましょう。
注文住宅をお考えの方は、お気軽にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました