注文住宅をお考えの方へ!部屋数の決め方をご紹介

「注文住宅を建てたいけど、部屋数が決められない」
このようにお悩みの方はいらっしゃいませんか。
部屋数を決める際には、世帯人数や部屋の用途を考える必要があります。
今回は、青森市の不動産会社が部屋数の決め方をご紹介しますので、ぜひ参考にしてみてください。

□部屋数の決め方をご紹介

まずは、部屋数の決め方の例をご紹介します。

*世帯人数を想定して部屋数を決める

1つ目は、世帯人数を想定して部屋数を決めることです。
例えば4人家族であれば、ご夫婦の部屋で1つの主寝室、そしてお子様2人分の子供部屋で合計3室になります。
これと同様に考えると、5人家族であれば4室が必要ですね。

ただしこれはあくまでも目安です。
1人1部屋が欲しいという要望があれば部屋数を増やしてみても良いかもしれません。

*必要に応じて、仕事部屋や書斎、客室を追加する

2つ目は、必要に応じて仕事部屋や書斎、客室を追加することです。
在宅ワークをされている方や読書が好きな方は、仕事部屋や書斎を追加してみましょう。
また、家にご友人やご親族が遊びに来られた時に泊まれる場所を確保したいという方は、客室も追加すると良いですよ。

「めったにない機会のために部屋を増やすのか」と思われるようでしたら、その部屋を和室にしてみてはいかがでしょうか。
和室にすれば、洗濯物を畳んだり、アイロンがけをしたりする部屋として日常使いできます。
ご友人が小さなお子様を連れて来られたときには、遊び場や昼寝する場所にもできますよ。

□部屋数を決める際のポイントをご紹介

ここでは、部屋数を決める際のポイントをご紹介します。
「将来子供が増えたら部屋が必要になるかな」
「部屋が足りなくなって困ることは避けたいな」
部屋数を決める際には、このように心配される方も多いでしょう。

ですが、部屋数は多ければ多いほど良いというものでもありません。
将来を心配しすぎて今の生活が不便にならないよう注意しましょう。
リフォームなど、将来の変化に対応する策はたくさんあります。
将来の不安と今の快適、両方のバランスが大切だと理解しておいてください。

□まとめ

今回は、注文住宅を建てる際の部屋数の決め方をご紹介しました。
将来を心配するあまり、部屋数を増やしすぎないよう注意しましょう。

当社では、専任のスタッフがお客様の家づくりを徹底的にサポートします。
将来も今も快適に過ごせる住宅を一緒に建てませんか。
気になることがあれば何でもご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました