注文住宅でお風呂のサイズはどう選ぶ?広くするコツもご紹介します!

未分類

注文住宅をつくるにあたって、浴室のお風呂のサイズについて迷っている方もいらっしゃるでしょう。
なかなか簡単に取り替えられるものではないため、失敗は避けたいですよね。
そこで今回は、家族の幸せと快適な毎日を支えるため、家族構成やライフスタイルに合わせた浴室の大きさの選び方と、その効果的な活用方法をご紹介します。

□注文住宅のお風呂サイズの選び方とは?

お風呂のサイズは、家族の幸せを左右する重要な要素です。
以下では、注文住宅における浴室サイズの基本と、それぞれのライフスタイルに適したサイズについて解説します。

1:0.75坪のユニットバスの活用法

0.75坪は、1人暮らしや夫婦2人の小さな家庭に最適です。
サイズは1200mm×1600mmとコンパクトで、洗い場と浴槽がひとつになった空間は狭小地に建てる住宅に適しています。

2:1坪のユニットバスの魅力

1坪(1600mm×1600mm)は、ゆったりと入浴を楽しみたい家庭に適した選択肢です。
浴槽が広く、リラックスできる空間を提供します。

3:1.25坪のユニットバスの利点

1.25坪(1600mm×2000mm)は、子育て世代や介護が必要な家庭におすすめのサイズです。
広い洗い場が特徴で、複数人での使用や介助が必要な場面でも余裕を持って活用できます。

□広がりを感じる浴室作りのコツ

同じ広さの浴室でも、工夫次第でより広く快適に感じられます。
以下では、開放感を演出するためのデザインテクニックをご紹介します。

*天井の高さを変える

標準の2150mmから、オプションで2300mmに高くすることで、空間に広がりを感じさせられます。
天井が高いと、心理的にも開放的でリラックスできる環境が実現されます。

*大きな窓を設置

窓を大きくすることで、光が多く入り込み、開放的な雰囲気を演出できます。
外の景色を楽しみながら、リフレッシュできることが魅力です。
自然光は心身のリラックスに効果的で、日々のストレスを和らげる手助けをしてくれます。

*透明素材の活用

透明なスライドドアを使用して、浴室と他の部屋との境界をあいまいにすることで、視覚的に広がりを感じさせられます。
透明素材は光を通すことで空間を一層明るくし、さらに広く感じさせる効果があります。

□まとめ

今回は、お風呂のサイズの選び方と広くするコツについてご紹介しました。
注文住宅における浴室の選び方と、広がりを感じさせる工夫を通じて、毎日の生活に彩りと機能性を加えられます。
家族のニーズに合わせたサイズ選びと、賢い設計のアイデアで、理想の浴室を実現しましょう。

青森市周辺で注文住宅をお考えの方は、ぜひ当社までお気軽にご相談ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました