コストダウンしたい!注文住宅で削れるところをご紹介します!

「青森市周辺で注文住宅に関心があるが、知識が無くて困っている」
「できるだけ費用を抑えたいので、削れるところを教えて欲しい」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、注文住宅をできるだけコストダウンさせるためのポイントについてご紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

□注文住宅において費用を削れるポイントについて説明します!

大きく3つ紹介します。

1つ目は、住宅の床面積を減らすことです。

注文住宅の費用は、床面積と坪単価の掛け算でおおよその値を算出できます。
例えば、床面積が30坪、坪単価が50万円の場合、建築費用の目安は1500万円です。
床面積を減らすと費用を抑えられるため、予算を削りたい方にとってはおすすめの方法です。
床面積の決め方は施工会社やハウスメーカーによって異なるため、前もって確認を取るようにしましょう。

2つ目は、部屋の数を少なくすることです。

部屋の数が増えると、その分だけ家具や壁、カーテンにかかる費用が増加します。
家族の人数分部屋を作りたいと考える方もいると思いますが、予算の削減を第一に考えると少なめの数に抑える方が良いです。

3つ目は、玄関ホールを作らないことです。

玄関ホールを作ると、部屋を区切る費用や照明器具に対する費用が発生します。
また、ホールを作らなければリビングのスペースを広く取れます。

□コストダウンのために削らないほうが良いところについて紹介します!

設備を削り過ぎると住み心地が悪くなる可能性があるので、お金をかけるべきところの判断は注意して行いましょう。
今回は2点紹介します。

1点目は、水回りの設備です。
キッチンやトイレなど水回り設備の性能が、生活の快適さに直結することは簡単に想像できますよね。
そのため、水回り設備はあまりケチらないことをおすすめします。

2点目は、外構工事です。
およそ50から100万円の費用がかかるため、外構工事に手を掛けたくない方もいるのではないでしょうか。
外構は家の顔であり、家のプライバシーを保護してくれる存在でもあるので、抜かりなく工事を行うことをおすすめします。

□まとめ

ここまで、青森市周辺で注文住宅に関心のある方に向けて、注文住宅をできるだけコストダウンさせるためのポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
費用を削れるところとお金をかけるところをはっきりさせた上で、納得のいく住宅を作り上げましょう。

タイトルとURLをコピーしました