注文住宅をお考えの方におすすめな高断熱住宅についてご紹介します!

「青森市で注文住宅に関心があるが、知識が無くて困っている。」
「住宅を高断熱にするかどうか迷っている。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様の悩み解決に向けて、注文住宅を高断熱にする方が良い理由をメリット・デメリットと併せてご紹介します。
お客様の選択に是非役立ててください。

□注文住宅を高断熱にする方が良い理由をご紹介します!

大きく3つの理由をご紹介します。
1つ目は、体感温度を高められることです。
高断熱住宅には外気の侵入を防ぎつつ、室内の冷暖房の空気を外に出さない性質があり、冬場に体の冷えを防ぐ役目を果たします。
夏は涼しく、冬は暖かい状態を維持できるので一年中快適に過ごせます。

2つ目は、光熱費を抑えられることです。
高断熱住宅の性質により、一年中快適な室内環境を維持できるので冷暖房の温度を極端に上げ下げする必要がありません。
光熱費の削減に繋がるため、住宅を維持するためにかかる費用を減らせます。
省エネを魅力に感じる方にはおすすめです。

3つ目は、健康寿命を延ばせることです。
高断熱住宅の性質により、室内の温度差が極端に変化することがありません。
それ故、急な温度変化が原因で生じるヒートショックの心配がなくなります。
高齢者と同居されている方にとっては非常におすすめです。

□高断熱住宅のメリットとデメリットをご紹介します!

メリットとデメリットを1つずつご紹介します。
メリットは、先程の3つに加えて結露が発生しにくいことです。
高断熱住宅には文字通り高い断熱性が備わっているため、換気に問題が無い限り結露が発生することがありません。
保温力があるため、就寝前に暖房を切っても翌朝結露が発生しない点がメリットです。

対してデメリットは、建設の際にコストがかかることです。
ハウスメーカーによって異なりますが、機密テープや断熱材といった資材や設備を取り入れると、坪単価約3から5万円の費用が発生します。
通常の住宅に比べて少々値段は張りますが、将来的な省エネ効果を考慮すればおすすめできる住宅です。
是非検討してみて下さい。

□まとめ

ここまで、青森市で注文住宅に関心のある方に向けて、注文住宅を高断熱にする方が良い理由についてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
建設費用の値が張る等、少々デメリットになる部分もありますが、総合的に考えるとメリットの大きな住宅です。
長期的な目線で住宅選びを行うようにしましょう。

タイトルとURLをコピーしました