注文住宅の鍵となる水回りのポイントをご紹介します!

「青森市で注文住宅の購入に関心があるが、知識が無くて困っている。」
「新たに水回りを整備しようと考えているが注意すべき点を知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様の悩み解決に向けて、注文住宅の水回りを整備する際のポイントをご紹介します。
お客様の選択に是非役立ててください。

□注文住宅の水回りのポイントをご紹介します!

大きく2つのポイントをご紹介します。
1つ目は、水回りを1つにまとめてコストの削減を行うことです。

新築を建てる際は、水回りを1カ所にまとめることを心掛けてください。
普段は意識しづらいですが、水回りの配管は建築費用の大小に大きく影響します。
例えば、風呂とキッチンに距離がある場合、長い分だけ配管も長く必要ですし、修理を依頼する際には長い配管を見てもらう必要があります。
水回りの配置を離してしまうと短期的にも長期的にも費用が大きくなり、家計を圧迫する可能性があるのです。

2つ目は、水回りの音に注意することです。
昼間は気にならない場合が多いですが、周囲が静かになる夜は水の流れる音が響きます。
水の音は、近隣住宅に影響を与えるだけでなく、自分達の生活にも不快感をもたらす可能性があります。
快適な生活を送るためにも、トイレや配管の設置場所には十分に注意してください。

□水回りの間取りを決める際の注意点をご紹介します!

洗面所・浴室とトイレの2カ所に関する間取りの注意点をご紹介します。

まず洗面所・浴室に関して、湿気によるカビの発生を考慮して、換気用の窓を設置するようにしましょう。
外から見えないようにカーテンやブラインドも併せて設置することを忘れないでください。
自分以外の家族と同居している方は、洗面台を広くとると混雑を防げます。
収納場所を多めにとると、スキンケア用品やバスタオルを片付ける際に便利です。

トイレに関しては、場所と広さに注意してください。
食事場所や来客部屋の近くに配置すると、音が聞こえるため使用しづらくなります。
また、開放感のある広いトイレは魅力的ですが、子供がいる家庭の場合、その広さから子供が使いづらくなる可能性もあります。

□まとめ

ここまで、青森市で注文住宅に関心のある方に向けて、注文住宅の水回りを整備する際のポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
水回りは、1か所に集めることで多くのメリットがあります。
ご自宅の家族構成から今後の家計のことまで考慮した上で水回りの配置を考えましょう。

タイトルとURLをコピーしました