注文住宅をお考えの方に向けて!お風呂に窓を付けるメリットとデメリットを解説します

注文住宅をお考えの方はいらっしゃいませんか。
注文住宅の水まわり、とくにお風呂の設計は重要です。
お風呂に窓があるかないかでさまざまなメリット、デメリットが生じます。
今回、青森市にお住まいの方に向けて、お風呂に窓を設置するメリットとデメリットをくわしく紹介します。

□お風呂に窓を設置するメリットとは

お風呂に窓を設置するメリットは多くあります。
ここでは、そのうちの3つについて紹介します。

1つ目は、採光性に優れていることです。
窓を導入することで、明るい雰囲気のお風呂を楽しめます。
窓から太陽光が射しこむことが期待されるため、採光性にも優れています。
お風呂を明るい空間にしたいとお考えの方には、窓の導入をおすすめします。

2つ目は、開放感が得られることです。
お風呂に窓がないと、閉塞感が生まれてしまいます。
そのため、窓を導入することで開放感が得られます。
窓から外を眺められるので、露天風呂のような雰囲気を感じられます。

3つ目は、換気性能に優れていることです。
湿気の多い水まわりにはカビが繁殖することが多いです。
カビの原因である湿気を逃すためには、窓の導入が最適です。
窓を開けておくだけで、お風呂全体が換気され、カビ予防につながります。

以上、3つのメリットを紹介しました。
明るく開放感のあるお風呂を目指したい、カビ対策を講じたいという方に窓の設置は最適です。

□お風呂に窓を設置するデメリットとは

窓を設置するデメリットは、3つあります。

1つ目は、お風呂の保温性が減少することです。
窓を設置することで、室内の保温性が減少します。
お風呂の壁には熱が逃げないように断熱材が用いられています。
その断熱材をくり抜いて窓を設けるため、必然的に保温性は減少します。

2つ目は、窓にカビが繁殖しやすいことです。
お風呂の窓には結露が発生しやすいです。
この結露によってカビが繁殖します。
そのため、カビの繁殖を防ぐために窓本体の定期的なメンテナンスと清掃が欠かせません。

窓を使用する機会が少ない場合、これらのカビ対策が負担に感じられる可能性があります。

3つ目は、防犯面での不安が生じることです。
空き巣の侵入口として最も狙われやすい場所は、お風呂の窓です。
お風呂の窓が狙われる理由は主に2つです。

1つ目は、お風呂場の窓は人目につきにくい場所にあることです。
2つ目は、防犯性能の低い窓が採用されているケースが多いことです。
窓を設置することで、防犯面で不安が生じます。

以上、3つのデメリットを紹介しました。
保温性の減少やカビ対策、防犯面で不安を感じたくない方は、窓の設置を控えてみるのもよいでしょう。

□まとめ

青森市にお住まいの方に向けて、お風呂に窓を設置するメリットとデメリットをくわしく紹介しました。
お風呂に窓を設置するかを検討する際には、慎重に判断することをおすすめします。
当社は、お客様の要望に応えられるよう最善を尽くしてまいります。
些細なことでもかまいません。
遠慮なく当社をお尋ねください。

タイトルとURLをコピーしました