注文住宅の防音対策についてお考えですか?方法をご紹介

注文住宅をお考えの方にぜひ知っていただきたいのが、防音対策についてです。
「子どもの声が外に漏れていないか心配」「どのような対策があるのだろう」
このようにお思いの方もいらっしゃるでしょう。
そこで今回は、青森市の方に向けて、防音対策についてご紹介します。
注文住宅を考える時にぜひ参考にしてください。

□防音対策で後悔する人は多いです

家を建てる時は、ついつい防音対策を後回しにしてしまう方も多いと思います。
しかし、防音対策をしなかったために、住み始めてから後悔する人はたくさんいます。

例えば、2階で騒いでいる子どもの声が1階まで響いてきてうるさい、駐車場が寝室の隣にあって車の音で眠れないなどといった問題があります。
このように住み始めないとわからない問題は多いと思うので、最初から防音対策をしておくことをおすすめします。
いくらデザインや設備の良い住宅でも、騒音があると快適に過ごせないので、建築会社に相談してしっかりと対策を行いましょう。

□防音対策を紹介します!

新築時におすすめの対策を2つ紹介します。
1つ目は、住宅の気密性と断熱性を高めることです。
高気密高断熱な住宅は、外からの騒音を気密性のある壁が遮断し、壁の中の断熱材が入り込んだ音を吸収するため、防音性が高いです。

特に、お子様がいらっしゃる場合や隣の家との距離が近い場合は、できるだけ音を遮りたいですよね。
ご近所とのトラブルを防ぐためにも、高気密高断熱な住宅を検討してみてはどうでしょうか。

2つ目は、間取りを工夫することです。
間取りを工夫して考えることで、騒音に悩む機会は減ります。
例えば、2階の子ども部屋をリビングや寝室の真上に設置しないことで、子どもの騒ぎ声は聞こえにくくなります。

また、トイレや洗濯機のある場所も騒音が発生しやすいです。
トイレなどはリビングから遠ざけるだけでなく、隣の家とも離れた場所に設置するようにしましょう。
そうすることで、騒音によるご近所とのトラブルはなくなります。

また、他の家からの騒音で悩む機会を減らすために、隣の家のトイレやお風呂から遠い場所に自宅の寝室を設置することをおすすめします。
自宅からの音がご近所に漏れにくく、隣の家からの音も自宅に届きにくいような間取りを目指しましょう。

□まとめ

今回は、防音対策について紹介しました。
住み始めてから、騒音に悩まされる方はたくさんいるので、最初から対策をしておくことをおすすめします。
また、住宅の気密性と断熱性を高めたり、間取りを工夫したりすることで騒音は減らせます。
しっかりと防音対策をして、マイホームで快適な生活を送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました