注文住宅でよく聞く標準仕様って何?オプションとの使い分けをご紹介

「標準仕様って何だろう」「オプションとの使い分けを教えてほしい」
注文住宅をお考えの方でこのように思っている方はいらっしゃいませんか。
標準仕様とオプションの違いをしっかりと理解しておくことは、納得できる家づくりに繋がります。
そこで今回は、青森市の方に向けて、標準仕様とオプションについて紹介します。

□標準仕様とは?

標準仕様とは、簡潔に言うと「住宅の基準である仕様」のことを指します。
その基準というのは明確に決められているわけではなく、建設会社ごとに何を「基準」とするのかは異なります。

住宅を建てる際には、窓や壁、床など必ず必要になる設備がいくつかありますよね。
そのような住まいに必要不可欠な設備が、最初から標準仕様として定められているのです。

また、「標準仕様」と「オプション」の違いについてご説明します。
オプションとは、簡潔に言うと、追加で費用が必要になる設備のことを指します。
オプションを選ぶことで、キッチンのコンロを増やしたり、新たな資材を取り入れたりなど標準仕様にはないような設備を取り入れられます。
多少コストは上がりますが、オプションを取り入れることで、より理想的な住まいを作れるでしょう。

□予算オーバーに気を付けましょう

標準仕様とオプションの内容の違いを理解していないと、予算オーバーを招いてしまうことがあります。
具体的に言うと、標準仕様だと思っていたタイルの床が実はオプションで、オプション分の費用が追加されたために、予算オーバーになったケースがあります。

それでは、このような失敗を防ぐためにはどうすれば良いのでしょうか。
一番の予防策は、早めに仕様の確認をすることです。
全ての仕様を標準仕様かオプションか確認するのは難しいかもしれませんが、自分にとっての優先順位が高いものだけでも、建設会社の担当者に確認しておくと良いでしょう。
また、当社では、ホームページに標準仕様を載せており、お客様が確認できるため、安心して住まいづくりをしていただけます。

また、取り入れたい設備がオプションの場合は、金額がどのくらいになるのかを聞いておいて、予算がオーバーすることを防ぎましょう。
標準仕様なのかオプションなのか明確に理解することで、予算の範囲で理想の住まいを実現できます。

□まとめ

今回は、標準仕様とオプションについて紹介しました。
標準仕様とは、住宅の基準となる設備のことで、オプションは追加費用が必要になる設備のことです。
また、標準仕様とオプションの区別を明確につけておくことで、予算オーバーを防げます。
注文住宅を建てる際に、ぜひ参考にしてみてください。

タイトルとURLをコピーしました