注文住宅をご検討中の方へ!建売との違いをご紹介

新築一戸建ての購入をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
注文住宅と建売のどちらを購入するかで迷う方も多いと思います。
せっかく新築の住居を購入するなら、後悔のない理想の住まいを手に入れたいですよね。
そこで今回は、建売と注文住宅の違いについて青森市の不動産会社が解説します。

□注文住宅と建売の違いとは?

*注文住宅の特徴

まずは、自分が求める条件を満たす土地を探し出しましょう。
土地を購入した後で、住宅の設計プランを練ります。
住宅の建設を依頼する会社と相談してプランを考えるので、デザインや間取り、設備や建材に自分の希望を取り入れやすいです。
プランが完成したら、会社と契約を結んで家の建築が始まります。

*建売の特徴

不動産会社から、完成済みの家を土地付きで買います。
土地探しや設計プランを考える手間を省略できます。
一方で、間取りや設計の変更はほとんどできません。

*注文住宅と建売の違い

注文住宅では新しく家を建てますが、建売ではすでにある家を購入します。
そのため、前者の方が時間や手間はかかります。
しかしその分自由度が高く、希望を取り入れた家づくりができます。
建売では新築一戸建ての購入の際に時間や手間を省けますが、住宅の周囲の環境や家の中のつくりを変更するのが難しいです。

□注文住宅が適した人のタイプとは?

ここでは3つのタイプをご紹介します。

まず1つ目のタイプは、時間をかけて家づくりにこだわりたい方です。
理想の家づくりのためなら、時間がある程度かかっても構わないという方は、注文住宅が向いています。
住宅会社と時間をかけて相談しながら、理想の住まいを追求しましょう。

2つ目のタイプは、内装や外観のデザインや導入する設備、使用する素材などにこだわりがある方です。
自分のこだわりを可能な限り貫きたい場合は、建売よりも注文住宅の方が向いています。

3つ目のタイプは、希望する工法や依頼したいハウスメーカー、設計事務所がある方です。
建売で希望の工法を取り入れた物件を探す場合、選択肢が少なくなるので、自分の理想の住まいと出会える可能性はより低くなります。

□まとめ

今回は、注文住宅と建売の違いについて解説しました。
自分の希望を取り入れやすいのは注文住宅です。
一方で、自分のニーズに合った物件が見つかれば、建売を検討する余地があります。
自分が新築の住居に何を求めているのかをはっきりさせて、注文住宅と建売のどちらを購入するのか判断しましょう。

タイトルとURLをコピーしました