注文住宅をご検討中の方へ!断熱性能が高い家を建てませんか?

青森市にお住まいで、注文住宅を検討されている方はいらっしゃいませんか。
自分好みに設計できる注文住宅は魅力的ですよね。
注文住宅を建てる際には、断熱性能の高い家がおすすめです。
この記事では、高気密・高断熱の家の特徴とメリットをご紹介します。

ぜひ参考にしてください。

□高気密・高断熱の家の特徴とは

ここでは、高気密・高断熱の家の特徴をご紹介します。

*高気密な家の特徴とは

在来工法で建てられた木造住宅では、天井や窓枠などにどうしても隙間が空いてしまいます。
そして、その隙間から空気が出入りします。

そのため、冬場は冷たい外気が室内に入り込み、家の中の暖かい空気が外に逃げてしまいます。
また、夏場は熱い外気が室内に入り込み、冷房で冷やした中の空気が外に逃げてしまいます。

一方、高気密な家では、こうした隙間をできる限り減らします。
具体的には、精度の高い建材や断熱材、気密テープを使って隙間を減らす工夫が施されます。

*高断熱な家の特徴とは

外気の温度は、壁や窓を通して室内に伝わってくるものです。
そのため、断熱性能が低い家の中は、冬場に寒く、夏場に暑くなってしまいます。

ここで、断熱性能を高めた家のことを高断熱な家と言います。
具体的には、外壁と内壁の間に断熱材を挟んだり、断熱性の高い窓を使ったりして断熱性能を高めます。

□高気密・高断熱の家のメリットとは

ここでは、高気密・高断熱の家のメリットを3つご紹介します。

1つ目は、光熱費が抑えられる点です。
高気密・高断熱の家では、外気が室内に入り込むのを防ぎ、室内の空気を外に逃がしません。
そのため、エアコンの冷暖房を効率的に使用できます。

その結果、冷暖房の使用頻度が下がり、電気代を節約できるでしょう。
省エネに取り組みたい方には、非常におすすめです。

2つ目は、部屋ごとの温度差が小さい点です。
高気密・高断熱の家では、外気の侵入と流出を防げるため、部屋ごとの温度差を小さくできます。
部屋ごとの急激な温度変化がなくなるため、ヒートショックを防ぐことにもつながるでしょう。

3つ目は、結露の発生を抑えられる点です。
結露は、室内と室外の気温差が大きければ大きいほど発生しやすくなります。
つまり、気密性と断熱性が高ければ、結露は発生しにくくなるのです。
そのため、高気密・高断熱の家では、結露の発生を抑えられます。

□まとめ

高気密・高断熱の家の特徴とメリットをご紹介しました。
注文住宅をお考えの方は、ぜひ参考にしてみてください。

何かお困りのことがございましたら、ぜひ当社までご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました