夏涼しい冬暖かい家とは?作り方のポイントをご紹介!

「青森市周辺で快適に過ごせる家を探しているが知識が無くて困っている。」
「夏は涼しい・冬は暖かい家を実現する上で意識するポイントを知りたい。」
このような悩みを持たれている方は多いでしょう。
そんな皆様に向けて、快適に過ごせる家を作る上で押さえるべきポイントについて紹介します。
お客様の悩み解決に役立ててください。

□「夏は涼しく、冬は暖かい家」にする要素について説明します!

大きく2点ご紹介します。

1点目は、断熱化です。

暖房をつけているのに、一向に部屋が暖かくならないとお悩みの方が多いのではないでしょうか。
その状況、実は窓が原因であることが多いです。
冷たい外気が部屋に入ってきたり、温かい内部の空気が外に漏れたりすることで、その現象が起こっています。
このような状況は、樹脂製サッシや複層ガラスを使うことで解決できます。

加えて現在は、外気の影響を受けないように建物自体に断熱材を使う施工が人気です。
使用される断熱材と施工方法が注目を集めています。
具体的には、グラスウールに似た素材や、発泡性の素材を内壁と外壁の間に入れる内断熱と、柱まで全て覆い隠してしまう外断熱があります。

2点目は、気密化です。

家の継ぎ目を減らすことで、夏は暖気が、冬は冷気が家の中に入ってくることを防ぐという考え方です。
意外にも壁と床、コンセントを取り付けた場所からの隙間風が室温を変動させる事態に繋がっています。
このような状況に対しては、壁の室内側にシートを張ることで、湿度を含んだ風を通さないようにしましょう。

□夏涼しく冬暖かい家の作り方・ポイントについて紹介します!

大きく2つご紹介します。

1つ目は、鉄骨造よりも木造を選ぶことです。
鉄は熱を通しやすい性質があります。
夏場には冷房の効率を大きく下げ、冬場は鉄骨の柱が冷えるため、壁の内部に結露が生じる可能性があるので注意しましょう。

2つ目は、徹底して日射管理を行うことです。
日射管理とは、夏場に太陽光を防ぎ室内温度の上昇を抑えること、冬場は太陽光を取り入れて室内温度を高めることを指します。
庇やすだれを有効活用できれば、上手に日射管理を行えます。

□まとめ

ここまで、青森市周辺で快適に過ごせる家をお求めの方に向けて、快適に過ごせる家を作る上で押さえるべきポイントについてご紹介してきました。
お客様のご理解は深まったでしょうか。
隙間風を入れない、熱が伝わりにくい構造を選ぶといった工夫一つで快適に過ごせるようになるので、皆さん是非お試しください。

タイトルとURLをコピーしました