注文住宅をお考えの方へ!部屋別に照明計画のポイントを紹介します!

照明計画をするときにどのようなことを意識すれば良いのかわからない方は多いと思います。
照明計画には部屋ごとにポイントがあり、そのポイントを把握しておくことで、部屋ごとに満足できる明るさを実現できます。
そこで今回は、部屋別の照明計画のポイントについてご説明します。

□照明の種類とは?

照明計画のポイントについて見ていく前に、主な照明の種類をまず確認しておきましょう。
主な照明の種類は3つあります。

1つ目は、シーリングライトです。
シーリングライトは多くの方が使用している照明です。
シーリングライトがあれば、部屋全体を明るくできます。
部屋全体をできるだけ1つの照明で明るくしたい方におすすめです。

2つ目は、ダウンライトです。
ダウンライトもシーリングライトと同様に多くの方に利用されている照明です。
ダウンライトによって照射範囲も様々であり、部屋に合ったダウンライトを選べます。

3つ目は、スポットライトです。
部屋の一部を照らしたいときにスポットライトは有効です。
首振りやレール上での位置を移動できるスポットライトが多く、そのこともスポットライトの魅力です。

□照明計画のポイントとは?

次に寝室、リビング、キッチン、ダイニングに分けて照明計画のポイントをご説明します。

まず、寝室の照明計画をするときは、照明の光が強くならないように意識しましょう。
寝室の照明が強い光を発すると、寝る前に目が冴えてしまい、熟睡できなくなります。
そのため、寝室には間接照明を設置することをおすすめします。

次に、リビングの照明計画をするときは、状況に応じて雰囲気を変えられる照明を設置することを意識しましょう。
リビングに家族全員がいるときは明るくでき、大人だけしかいないときは少し明るさを弱めるというように、状況に応じて明るさを調節して雰囲気を出せる照明があると便利です。

また、キッチンの照明計画をするときは、キッチンで作業するときに自身の影で手元やシンクが暗くならないようにすることも大切です。
手元やシンクが自分の影で暗くならないようにするために、シンクの上部や調理するときの自分の頭の位置より少し前方に照明を設置することをおすすめします。

最後に、ダイニングの照明計画をするときは、料理や家族の顔がよく見えるようにしましょう。
スポットライトやペンダントライトを使うと、料理や家族の顔がよく見えるようになります。

□まとめ

今回は、部屋別の照明計画のポイントについてご説明しました。
注文住宅をご検討中の方は、今回ご説明したことをぜひ参考にしてみてください。
また当社では、予算に合った満足できる住宅を提供しておりますので、青森市で注文住宅をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました