注文住宅を検討中の方に向けて!キッチン周りの家事動線を紹介します

注文住宅の購入を青森市で検討されている方はいらっしゃいませんか。
住宅の設計プランを立てる上での重要なポイントとして、キッチン周りの家事動線のシミュレーションが挙げられます。
今回は、キッチン周りに最適な家事動線についてくわしく紹介します。

□家事動線とは

家事動線とは、家事を行うときの移動経路のことです。
家事動線を検討するということは、家事が行いやすい最適な経路を見つけることです。
最適な経路を見つけることで、家事の時短にもつながります。
キッチンや洗面室、洗濯物を干すスペースを互いに近い距離に設置しましょう。

そうすることで、家事の効率化が進みます。
家事動線を検討する際には、図面上で経路を確認するだけでは不十分です。
必ず実際の間取りを把握した上で、キッチンや洗面室の距離や洗濯機から洗濯物を干すスペースまでの距離を調べておきましょう。
家事の時間を短縮することは、趣味に費やせる時間や家族と団欒する時間が増えることにつながります。

ぜひ注文住宅の間取りにあった家事動線を見つけてみてください。

□キッチンに最適な家事動線とは

キッチン周りの家事動線を検討する上で大切なことは、距離感です。
キッチンからの距離感が重要な場所は、2つあります。

1つ目は、冷蔵庫です。
料理に使用される食材は、冷蔵庫に保管されています。
そのため、料理を行う際には、食材をキッチンまで運んでくる必要があります。
冷蔵庫の位置がキッチンから遠いと、1回に運べる食材の量が減ります。

加えて、冷蔵庫とキッチンを何度も往復する必要があるため、料理に時間がかかります。
このような時間のロスを防ぐためにも、冷蔵庫はキッチンのすぐ近くに設置することをおすすめします。

2つ目は、ダイニングテーブルです。
料理が完成すると、その料理を家族が待つダイニングテーブルへ運ぶ必要があります。
キッチンとダイニングテーブルとの間に距離があると、料理を運ぶのも一苦労です。
料理を運んでいる途中に、皿を落としてしまう可能性もあります。

このような事態を避けるためにも、ダイニングテーブルはキッチンの近くに設置しましょう。
加えて、キッチンからスムーズにダイニングテーブルへ向かえる工夫を講じることも大切です。

□まとめ

キッチン周りに最適な家事動線についてくわしく紹介しました。
家事がスムーズに行える経路を見つけ、家事の時短を図りましょう。
当社は、お客様が正しい判断を行えるよう、根拠ある設計プランを提示いたします。
注文住宅をお考えの方はぜひ1度当社にご連絡ください。

タイトルとURLをコピーしました