注文住宅の玄関にお悩みの方へ!収納の例を解説します

青森市で注文住宅の購入を検討されている方はいませんか。
注文住宅を購入する上で、玄関をどのようなレイアウトにするかは重要です。
玄関の収納を充実させることで、生活にゆとりがうまれます。
今回は、玄関の役割と収納の実例をくわしく紹介します。

□玄関の役割とは

玄関は、日本の住生活の中で重要な役割を担っている箇所です。
家の内側と外側の境界線にあり、日本では靴を脱ぐ場所として認識されています。
ここでは、玄関の役割を2つ紹介します。

1つ目は、内と外の境界線としての役割です。
玄関は、内と外との境界線としての役割を果たしています。
そのため、気持ちの切り替えをうながす場所という役割も同時に果たしています。
内から外への移動の際には、外出する気持ちを高める効果があります。

外から内への移動の際には、気持ちを落ち着かせる効果があります。

2つ目は、家に入る準備をするための場所という役割です。
玄関は、家に入るための準備をする場所という役割を担っています。
家の出入り口として、毎日必ず使用する場所です。
そのため、落ち着きがあり、気持ち良い空間づくりが大切です。

以上、2つの役割を紹介しました。
玄関は、生活の中で使用頻度の高い場所です。
落ち着きを感じられる設計を行うことで、心に余裕のある生活を送れるでしょう。

□玄関の収納の実例とは

玄関に収納のためのスペースが多いと、多くの靴や小物を整頓できます。
ここでは、玄関の収納の実例を3つ紹介します。

1つ目は、土間収納を設けるという実例です。
家の玄関脇に土間収納を設けることで、収納のためのスペースが大幅に増えます。
このスペースに傘といった雨具や自転車、趣味のための道具をしまっておけます。
土間収納の入り口を低くすることで、中に置いているものを隠す効果もあります。

2つ目は、棚を自作するという実例です。
DIYが趣味という方の中には、玄関の棚を自力で作ってしまう方も多いです。
自力で棚を作るメリットとして、自分の趣味に合わせた収納スペースを設けられることが挙げられます。
注文住宅だからこそ実現できる収納スペースの作成方法であるといえます。

3つ目は、大型シューズクロークを設けたという実例です。
大型シューズクロークを設けることで、アウトドア用品といった趣味の道具もしまえます。
収納スペースを増やすことで、玄関に清潔感とまとまりがうまれることも、大きな魅力です。

以上、3つの収納の実例を紹介しました。
自分や家族のライフスタイルに合わせた収納スペースを設けるようにしましょう。

□まとめ

玄関の役割と収納の実例をくわしく紹介しました。
玄関は住宅生活の中でも重要な場所の1つです。
収納面に不安を残さないようにレイアウトすることが大切です。
注文住宅について不安や疑問点がある方は、ぜひ当社にご相談ください。

タイトルとURLをコピーしました