注文住宅を建てる際の流れと期間をご紹介します!

注文住宅をお考えの方、完成までにどのくらいの期間が必要なのか疑問に感じませんか。
注文住宅は、土地探しから間取りやデザイン、設備やオプションまでを自由に選択できます。
その反面、やるべきことが多いため長い期間が必要です。
そこで今回の記事では、注文住宅を作る際の流れと必要な期間をご紹介します。

□注文住宅の完成までに必要な期間を流れに沿ってご紹介!

まず最初の1~3か月で情報収集をします。
マイホームを建てると決意してから最初に重要なのは、どのような住まいにするかを考えることです。
どの地域に住みたいのか、どんな工夫をしたいのか、その家でどのような生活をしたいのかを具体的にイメージしてみましょう。
パンフレットを見たり、住宅展示場に行ってみたりして理想の暮らしをイメージしてみてください。

次に3~6か月かけてプランの決定、土地決め、契約、住宅ローンの申し込みを行います。
住宅ローンを使用する場合はこのタイミングで本申請を行います。
土地の形状や、地域によっては、建てられる家の形や大きさに制限がある場合があります。
その土地で希望の家作りが可能かどうかしっかりと確認しておきましょう。

打ち合わせや契約が終わるといよいよ工事が始まり、3~6か月かけて建設工事を行います。
工事による近隣の方とのトラブルを避けるために、ご挨拶をしっかりと行いましょう。

そして、完成してから1か月程度で引き渡しです。
完成立ち会いと完了検査で不具合がないかをチェックしていただきます。
引き渡しと同時に住宅ローンの実行が行われ、決済が終了します。

□期間をコントロールできない工程とは?

マイホームを建てる際に期間をコントロールできない工程が2つあります。
住宅ローンの事前審査と本審査の2つがコントロールできない期間です。
申請した後は審査の結果を待つ以外の方法がありません。
そのため、余裕をもって事前審査をしておくと安心かもしれません。

しかし、それ以外のほとんどの期間は自分次第で短縮できます。
入念に情報収集を行い、スケジュールの管理を徹底しておけば、効率よくスムーズにマイホームを作れるでしょう。

□まとめ

今回の記事では、注文住宅を建てる際の流れと必要な期間をご紹介しました。
注文住宅は、ライフスタイルに合わせてあらゆるところを自由に決められますが、長めの期間が必要です。
そのため、今回の記事を参考にして建築の流れを把握し、計画をスムーズに進められると幸いです。

タイトルとURLをコピーしました