パントリーを設置する際のポイントとは?注文住宅をお考えの方へ!

パントリーをつくるにはどのようなことを意識すれば良いのかわからない方は多いと思います。
パントリーを設置するときのポイントを把握しておくことで、パントリーのメリットを最大限に活かせます。
そこで今回は、パントリーを設置するときのポイントについてご説明します。

□パントリーのメリット・デメリットとは?

ポイントを見ていく前に、ますパントリーのメリット・デメリットを確認しておきましょう。

パントリーのメリットは、収納力があることです。
パントリーには飲み物や食材の他、キッチン器具や調味料も収納できます。
それゆえ、パントリーがあるとキッチンが食材やキッチン器具などで散らかりづらくなります。
また、災害時に備えてパントリーに非常食などを備蓄しておけます。

一方でデメリットは、パントリーを作るにはキッチン周辺に広いスペースが必要であることです。
キッチンの周辺には、冷蔵庫や食器棚を配置するスペースの他、ダイニングスペースも確保する必要があります。
そのため、広いスペースが必要なパントリーをキッチン周辺に作ることが難しい場合があります。
また、キッチンから離れた場所にパントリーを設置すると、パントリーを使いづらくなります。

□パントリーを設置するときのポイントとは?

パントリーを設置するときのポイントは、3つあります。

1つ目は、キッチンのすぐ近くに設置することです。
キッチンから離れた場所にパントリーを設置すると、調理中にキッチンとそこから離れたパントリーまでの距離を何度も行き来する必要があります。
それに対して、キッチンのすぐそばにパントリーがあれば、すぐに必要な食材などを手に取れるため楽です。

2つ目は、設置するスペースにゆとりをもたせることです。
設置するスペースにゆとりがないと、物を出し入れしづらくなる恐れがあります。
そのため、パントリーを設置するときには、設置するスペースにゆとりをもたせましょう。

3つ目は、扉付きのパントリーにするかどうかを検討することです。
扉付きのパントリーであれば、収納されている食材などが見えないため生活感を排除できますが、扉を開けたり閉めたりする必要があります。
それに対して、扉がないパントリーであれば、扉を開けたり閉めたりする必要がなく物を手に取りやすいですが、収納している物がキッチンから見えてしまい、生活感が出てしまいます。

□まとめ

今回は、パントリーのメリット・デメリットと、設置するときのポイントについてご説明しました。
注文住宅をご検討中の方は、今回ご説明したことをぜひ参考にしてみてください。
また当社では、予算に合った満足できる住宅を提供しておりますので、青森市で注文住宅をご検討中の方は、お気軽にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました