注文住宅をご検討の方へ!ローンの全体的な流れをご紹介します!

青森市にお住まいの方で、注文住宅をご検討中の方はいらっしゃいませんか。
注文住宅を検討する際、資金計画で悩みを抱える方も少なくありません。
そこで今回は、注文住宅のローンの全体的な流れをご紹介します。

□注文住宅の資金計画についてご紹介!

資金計画はとても大切です。
現在の貯蓄額を把握し、用意できる自己資金や、毎月返済できる金額など、総合的に考えて「土地代+建物代」となる資金を計画しましょう。
ここで、建物代には建築費のほかに電気・ガス・外構工事などの付帯工事費、調査費や検査機関等への申請費、引越代や家具代など、様々な費用が必要になることに注意しましょう。
またこうした費用は、一般的に引き渡しまでに支払うため事前にお金の準備が必要になるので、ローン等を利用する場合はその点も気にしましょう。

□住宅ローンの全体的な流れについてご紹介!

まず、予算の決定です。
ローンの借入可能金額ではなく、月々の返済金額を予算の基準にしましょう。
次に、土地の条件・形状・周辺環境の関係で、実現可能な建物のプランが変わってしまうため、土地を購入を行います。
「買付証明書」という書類を提出することで、土地の仮押さえもできます。

次に、建築プランを決定します。
プランナーと一緒に、予算内かつ、家族全員の理想を詰め込んだ設計をしましょう。
次に、住宅ローン事前審査をします。
銀行で、見積もり金額分の住宅ローンを組むことが可能であるかの仮審査を行います。
多くの場合、相談している不動産会社、工務店、ハウスメーカーの担当者が銀行と対応してくれます。

次に、工事請負契約をします。
この契約は、施工会社は建物の完成、契約者は代金の支払いを保証するためです。
この契約をしたら、ここからは変更ができないので、お互いの認識が合っているか、抜けがないかを、最後に確認しましょう。
契約が済んだら、住宅ローン本審査を行い、通ったら住宅ローンの契約をします。
このとき、「土地と、完成した住宅」が担保になります。

各種書類の提出、署名、捺印を行うことで、契約は完了になります。
住宅ローンで借りた金額が口座に振り込まれ、注文住宅が完成してから入金されます。

□まとめ

この記事では、注文住宅のローンの全体的な流れをご紹介しました。
資金計画やローンでお悩みの方は、この記事を参考にして検討してみてはいかがでしょうか。
資金計画やローンをお考えの方はぜひ当社にお問い合わせください。

タイトルとURLをコピーしました